ポペリンゲ...ホップ・レース・第一次大戦


ポペリンゲは西フランデレン(フランダース)の南にある 中世の面影を残した小さな町です。海岸部からもさほど遠くないところに 位置しています。 この町では、今でもベルギー国内のホップの大部分を生産しています。 中世に繊維の交易産業が隣町のイーペルとの争いに敗れ衰退してからは、 ホップ の光景がこの町の象徴になりました。

ポペリンゲはレースでも世界的に有名です。 現代的なデザインを持ち、昔ながらの織物の技術と完璧に調和し、 さまざまな材料を用いているのが特徴です。

第一次世界大戦の間は、 イーペルの周囲に並んだ塹壕の背後で、 ポペリンゲは平和のオアシスになりました。 英国兵士のクラブ「タルボットハウス」は、 精神的な支えとなり、 英国陸軍兵士たちによって「ポップ」と呼ばれたこの町は 彼らの安息の地となりました。 「ポップ」の町並みを歩けば、 英国の兵士が戦争の中毎日どのように生きていたか、 つまり、当時のレクリエーション、ショッピング、食事、交通などが よくわかります。 市役所の中庭は、英国兵士が処刑されたところです。 彼らは独房の中に閉じ込められ死刑を待っていたのです。 市役所は毎日9時から5時半まで公開されています。 まさに天国と地獄です。

ポペリンゲはまた、ベルギーで初めての宇宙飛行士である ディルク・フリモウト(1941年3月21日生まれ)が生まれた町でもあります。 彼は名誉市民になっています。

その他の日本語コンテンツ

ポペリンゲの名物料理・地ビール

ホテル・レストランなどのご案内

ポペリンゲへの行き方・基本データ

スポーツ・レクリエーション

ポペリンゲの今昔―みどころ

(訳・剣持秀紀)


You can send us e-mail : e-mail. (英語・蘭語でお願いします。)